漢方薬へようこそ

培養漢方冬虫夏草の肝臓病・ガン対策に

人気天然キノコ冬虫夏草の作用の働きと作用

cropped-20151118_keirinmise2_.jpg

 
 今では肺ガン・胃がん・肝ガン・乳がん・腎がんなどや肝臓病・C型肝炎・慢性肝炎・免疫力安定のほか、心肺能力アップに・精力アップに・睡眠不足・老化予防など色々なケースにも使用できますので大変便利な冬虫夏草です。

 

 
冬虫夏草は世界で350種位が知られていますが、効果のあるものは、ほん数ある冬虫夏草の中でも最も効果があるといわれているのが、コウモリガの幼虫に菌糸体として成長するコルディセプスです。

 コルディセプスはチベットの標高3000m以上の高い山にしか生育出来ず、雪が残る5~6月に雪をかき分け地面をはうようにし、地上に出ているわずか数ミリ~数センチのものを見つけ採取します。

 

 冬虫夏草 は清の時代に書かれた「本草従新」で初めて文献に記載されました。採取量が非常に少ないため、高貴の方の専用品とされそれ以外の国にはほ現在でもコルデセプスは「幻の聖草」といわれ、その希少価値から海外への輸出は厳しく制限されています。

 

「冬虫夏草は肺、腎を益し、精髄を補い、血を止め、痰を化し、労嗽(ろうそう)を止め、虚損を補う効があり、疲労、咳嗽、咳血、陽痿(ようい)、腰膝の疼痛などの症に用いられ、強壮、鎮静、鎮咳薬として、病後の虚弱症、インポテンツ、肺炎、老人性慢性咳嗽、盗汗、自汗、症などに応用される。」

 

という作用が冬虫夏草にあります。肝臓 の中にエネルギーが蓄えられ精力なども少しずつ増すといわれています。

 

HOMEへ

 

 

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます