漢方薬へようこそ

皮膚病(ニキビ・酒査様皮膚炎やアトピー性皮膚炎など)の漢方

ストレスがニキビに悪影響でも、漢方薬がストレスに十分に対応

ストレスにきびの存在が最近クローズアップされています。 かつてにきびといえば思春期にできるものというイメージが一般的でした。鼻や額、頬などににきびを作った中高生の男女を見る機会も多いものです。  にきびを青春時代の思い出にしている人も多いのではないでしょうか・・・しかし、最近では大人になってからできるにきびが増えているのです。

 現代社会はストレス社会とも言われ、仕事のストレス・人間関係のストレスなどストレスをもたらす要因には事足りません。慌しい生活のためか、ストレスを解消する余裕もなく、ストレスを蓄積させていってしまうことも多いものです。  それがストレスにきびをもたらす原因となってしまうのです。

なぜストレスにきびができるのかと言いますと、ストレスの蓄積がホルモンバランスを乱すことがおもな原因です。  人間はストレスが蓄積すると、脳がストレスに対抗させるため、副腎皮質ホルモンを分泌させます。その際、一緒に男性ホルモンも分泌されるようになるのです

ストレス性ニキビに加味逍遥散は就職・仕事環境などのストレスにピッタリ

ストレスにきびは男性ホルモンの増加が原因?!
男性ホルモンは皮脂の分泌量を増加させてしまい、ニキビの原因となるのです。男性ホルモンはほかにも毛穴の奥で角質を厚くさせる働きもあり、毛穴をますます詰まりやすくさせてしまいます。  大人にきびは女性に増えていると言われているのも、本来分泌量が少ないはずの男性ホルモンが増加し、皮脂の分泌量が過剰になってしまっているからです。
女性の社会進出が進み、職場で活躍する女性の数も増えました。そのことでよりストレスにさらされる機会も多くなり、それが女性のストレスにきびをもたらす原因になっていると考えられます。  このストレスにきびを予防・改善するためにはストレスの解消が欠かせません。現代社会でストレスを感じずに生きていくのは難しいもの。いかにうまく解消することができるかが重要になるのです。

 

ポイント、ストレスにきびに加味逍遥散
イライラや不満などストレスが溜まり、それが結果として肌に現れてしまう人にお勧めです。  
加味逍遥散が効くにきびの症状は、徐々に赤みや熱感が出てくるタイプものです。  大きさはバラバラですが、先端に膿をもつという特徴がみられます。  このタイプのものは放っておくと、赤紫色の跡が残ってしまうので、早めに対処するようにしましょう。
加味逍遥散が使われる場合は、症状に合わせて他の処方と合わせることがほとんどで、 胃腸が弱く、手足がむくみやすいという方には、補中益気湯・半夏瀉心湯という漢方薬を併用します。  皮膚がカサカサになりやすく、生理中だけでなく終わった後も症状がひどくなってしまう方には、四物湯や帰芍薬散を併用します。  貧血症の場合も同じです。  生理前ににきびが悪化する、生理不順などの症状がみられる方は桂枝茯苓丸を合わせて服用します。  イライラ、火照りが強い場合には柴胡桂枝湯・黄連解毒湯などを使用することもあるようです。

瘀血 (血液の滞り・血行不良)が原因のニキビに桂枝茯苓丸

主に生理不順や生理痛等に使用されている桂枝茯苓丸は痛みを伴う赤ニキビと芯ニキビ改善効果があります。
桂枝茯苓丸にはホルモンバランスを整える働きがあるので、生理前のニキビや生理痛の改善・緩和も効果があります。 桂枝茯苓丸の口コミによると、ニキビ、生理痛改善以外に、冷えや肩こりの治療、四十肩の緩和も期待できるようです

漢方では、血行障害や鬱血を“お血”(おけつ)という概念でとらえ重視します。女性の月経トラブルを含め、いやゆる“血の道症”には、この“お血”を改善する漢方薬がよく使われます。  血行をよくして熱のバランスを整えることで、のぼせや冷えを改善し、子宮などの炎症をしずめます。 また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。
具体的には、生理不順や生理痛、頭痛、めまい、肩こり、のぼせ、足の冷えなどに適応します。また、そのような諸症状をともなう更年期障害にも適します。そのほか、子宮内膜症や筋腫、ニキビやシミ、しもやけ、痔、打ち身、肝臓病などにも幅広く応用可能です。
内容成分
桂皮(シナモン)、芍薬(シャクヤク)、茯苓(ブクリョウ)、桃仁、牡丹皮(ボタンピ)という生薬を配合した処方です。主に淤血を除くために用いられる代表的な処方です。淤血とは、血のよどみ、滞りを指します。

自己免疫疾患のひとつアトピー性皮膚炎対策-漢方薬

アトピー性皮膚炎の状態は、簡単にi分類しますと乾燥性・じくじく浸出性・煩熱発赤性に分けられます。 主に乾燥性=(乾燥する季節に悪化することが多い)には温清飲や三物黄芩湯、当帰飲子、温経湯などで”保湿”する治療法を選択します。但し、この治療法は注意が必要で、間違えると悪化することが多いのです。

HOMEへ

出来る限り1万円以下で効果がある漢方薬を提供