漢方薬へようこそ

酒査様皮膚炎改善例/漢方薬局桂林堂

KY-Top-1R

酒査様皮膚炎改善例/漢方薬局桂林堂|東京都目黒区

 

 

酒査様皮膚炎改善例

顔面のほてりや発赤を繰り返しやすい素因のある人が、副腎皮質ステロイドの塗り薬を連用することにより発症します。  素因のある人で、顔面に副腎皮質(ふくじんひしつ)ステロイド薬を塗った場合に副作用として生じる酒さに似た病態をいいます。20~50代の女性に多い病気です。

症状の現れ方・起こり方  副腎皮質ステロイド薬を塗った部位に、毛細血管の拡張、丘疹(きゅうしん)、膿疱(のうほう)が現れます。塗り薬を塗るのを中止すると、数日後に紅斑と浮腫性(ふしゅせい)の腫脹(しゅちょう)が生じます  。

かゆみはあっても軽度ですが、強いほてりや灼熱(しゃくねつ)感・熱感を伴います。   症状の軽快までには通常数カ月かかり、治療のためには副腎皮質ステロイドの塗り薬の中止が不可欠ですが、同薬をやめると症状が一時的にかなり悪化します。

但し、強いステロイド軟膏を長期に利用した方ほど、漢方薬での治療も時間がかかると考えられています。このように、顔、主に両ほほに赤く熱をもった酒査様皮膚炎も漢方処方&漢方薬で見事に改善してお炉ます。

30代半ばの女性の酒査様皮膚炎改善例

原因は不明ですが、本人いわくマスクで顔がカブレて、皮膚科で処方されたプロトピック、ステロイドの半年間使用による酒査様皮膚炎です。

おもな症状は、顔全体が真っ赤・熱感・少し顔も腫れた30代女性です。顔全体が少し乾燥し、生理前に酒査様皮膚炎は悪化しますが、激しい症状や赤みの割には痒みはありません。

漢方薬では先ずは炎症対策に、生理前に悪化・皮膚の乾燥から考えました。

清熱解毒に肝火を鎮めるといったカテゴリーの改善を図りました。

2014.5月から漢方薬を服用し始めると少しずつ赤み・熱感・腫れが良くなり、服用6カ月で8割以上に改善が見られました。但し、酒査様皮膚炎は何かの刺激で再悪化することを恐れ、2年近く服用されています。

HOMEへ

 

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます