漢方薬へようこそ

糖尿病は生活習慣病/動脈硬化、脳梗塞の原因に

糖尿病は生活習慣病、以外に多い糖尿病病性合併症 腎障や網膜症・神経障害・循環器障害)は手足のしびれや体重減少も

 

生活習慣病とは、食事や運動不足、嗜好品などの毎日の生活習慣に密接な関わりがある病気のことをいいます。 運動不足にストレス食べすぎ、アルコ-ルを飲みすぎたりする生活習慣が、高脂血症、高血圧、肥満、糖尿病の大きな要因になっています。

肥満と糖尿病との関係 

日本人に糖尿病は増えた大きな要因は肥満です。食べ過ぎや食生活の急激な変化(例えば食生活の欧米化、コンビニ食など)、運動不足は肥満の大きな要因に  なっています。

日本人は元々欧米人に比べて糖尿病になり易い体質(遺伝的なもの)を持っている事が、最近の肥満の研究から分かってきました

また、日本人   は欧米人に比べてインスリンの分泌量が少ないことも分かっています。過食や高カロリー、高脂肪の食生活習慣は、膵臓に過度の負担がかかります。そのうちに  膵臓の機能が低下して、血糖値が上昇して行きます。 更に肥満はインスリン抵抗性(インスリンが効き難くなること)を高めたり、予備軍を増やす大きな要因となっています。

遺伝も大きな要因  糖尿病は本来、その人が生まれながらにして持っている遺伝的要素と、過食偏食、運動不足、肥満、ストレスなどの外的要因が重なりあって起こります。

 

例え  ば、両親や祖父母に高血糖・糖尿病の方がいるというように、遺伝的要素の大きい方は、外的要因の割合小さくても、早い時期に高血糖・糖尿病を発症する可能  性が高くなります。

脳梗塞の重大原因になってしまった糖尿病

脳出血とは、脳卒中のひとつで、脳の血管が破れて脳の中で出血してしまうもので、すぐに対処・治療しないと命にかかわる危険な状態です。

脳卒中とは、動脈硬化が脳に起こると発症することがあります。脳卒中でよくみられるものは、上記の「脳出血」と、脳の血管が詰まる脳梗塞、そして脳の表面に出血する「くも膜下出血」があります。

糖尿病の方は、動脈硬化を起こしやすいので、脳梗塞や脳出血には注意が必要です。

 

糖尿病による合併症の原因は血糖が高くなることで、脂質異常を引き起こしやすくなり、血管内に脂肪が付着してその結果、動脈硬化が起こります。 動脈硬化は心筋梗塞・脳梗塞の原因です。

糖尿病や高血糖に中性脂肪が高いは脳梗塞の原因その2

 

脳卒中とは、脳の血管がなんらかの要因によって詰まったり出血したりすることで、脳の細胞に栄養が行き渡らなくなってしまい、その結果、脳の細胞が壊死してしまう病気です。

脳の血管が詰まり脳のに酸素や栄養が行き渡らなくなり脳の機能に障害が出るのが、脳梗塞、脳の血管が破れて血液が脳内に流出することで脳障害を引き起こすのが、脳出血です。

脳卒中は一般的に高血圧・高脂血症・糖尿病などの方がなりやすいとされています。また、喫煙や、肥満など、生活習慣が医学的見地から見て良好でないと、発病するリスクが高まることになります。

 

 

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます