血虚で腰痛がある不妊症の妊娠

血虚で腰痛がある不妊症の妊娠

血虚は漢方医学では生理の量が少ない、爪が割れやすい、髪がパサつく、皮膚につやが無い等の症状があり、最近の漢方薬局での不妊症相談の多くは血虚であるケースがほとんどです

無事、漢方薬服用5カ月目で不妊症対策で漢方薬を服用し、妊娠された30代後半のこの方も血虚で腰痛、腹部が冷える、生理痛、生理不順、浮腫み等の症状が見られました

そこで、不妊症対策として補血しながら、温経散寒、陽虚(暖める力が低下)などを改善する漢方薬を処方しました

今回、漢方薬服用5カ月で無事妊娠することになりました

桂林堂薬局