漢方薬へようこそ

うつ病や抑うつ病/自律神経失調に桂枝竜骨牡蛎と半夏厚朴

うつ病や抑うつ病、自律神経失調に桂枝加竜骨牡蛎と半夏厚朴

神経症状に桂枝加竜骨牡蛎湯—–2000年前の医学書 神経の高ぶりを鎮めたり、気力をつけることで心の状態をよくします。神経症や不眠・不安感・無気力感・夜尿症・精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも用います。

漢方的考え方は、安神・通陽・補気血・調和営衛で、気血不足・虚陽浮越の症状に使用される代表格です。

興奮して眠れないというときに用いられ、臍部辺りの動悸の自覚がよく効く目安で、神経衰弱・心悸更新・性的ノイローゼ・陰萎・小児夜尿症・脱毛症・小児夜泣き・パニック症などに大変よく効きます。

気”帯治療の代表格半夏厚朴湯で神経症改善  “気”帯治療の代表格半夏厚朴湯で神経症改善 “2000年前の医学書、金匱要略記載、滞っている“気”の流れを良くしたり、発散したりして、“気”の滞りを改善します。神経をしずめ、心と体の状態をよくします。

また、咳や吐き気を抑える作用もあります。喉や食道部、または脇胸部の梗塞感や詰まり感・心臓が握られている様・咳ばらいや吐き気が使用目安です。  滞っている“気”の流れをよくしますので、気分がふさいだ方の抑うつ状態や不安神経症・精神不安・不眠症・無気力・恐怖感・ノイローゼ・動悸・更年期障害にも応用可能です。

HOMEへ

 

 

 

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます