漢方薬へようこそ

気鬱、神経の病気 自律神経失調症・パニック症・抑うつ病・不安障害

神経の病気

気鬱

文字通り気が鬱している状態を言い、治療法は鬱している”気”を発散することで改善を測ります。  漢方では、うつ病は気虚や気うつと、とらえています。気虚は気(血などを巡らせているエネルギー)の働きが衰えている状態、気うつは気の流れが悪くなっている状態をいいます。気功やヨガなどは、この気のめぐりをよくし、リラックスさせる効果があります。  うつ病の場合、気の働きを補ったり、気の流れをよくすることが根本的な漢方治療につながります。  気の働きが悪くなるのは「肝」に原因があると考えています。  精神的なストレスや、過労は「肝」に負担をかけます。「肝」の機能が低下すると気の流れが悪くなります。その結果、ほかの臓器も不調になりさまざまな症状があらわれます。  うつ病になりやすい人は、責任感が強く、人にも気遣いのできるまじめな性格の人に多く見られます。  こうした性格は、すぐに変えることは難しいのですが、何か問題が生じたときは、一人で抱え込まずに信頼できる人に相談してもよいでしょう。そうすることで、気持ちの負担を軽くすることができます。   規則正しく、栄養バランスのとれた食生活を心がけ、気分が落ち込んでいるようなときは、赤身の魚や肉類を多めに摂るとよいでしょう。   ぬるめのお風呂に入り、気持ちをリラックスさせるのも効果的です。

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます