漢方薬へようこそ

肝うつ・肝火上炎・気滞で自律神経失調症や抑うつ病・パニック症・赤面・多汗

気滞

滞った”気”の流れを改善することで、症例の緩解を測ります。

肝火上炎

まさに肝臓が燃え盛る表現で、その火を清熱薬で”消化”することで症状が改善します。 肝火上炎:怒りっぽい・イライラ・顔色が赤い・カーッとなるなど。

うつ病や抑うつ病などの神経症状の漢方薬相談増加中

増加している神経を病む人たち

漢方薬は30年以上前から更年期障害に頻繁に使用されて来た実績があります。

更年期障害の代表的な症状は、異常な発汗にのぼせ・やたらとイライラしたり不安になったり、やる気が起こらなったりなど、そのほか、めまい・動悸・頭重感・不眠・抑うつ感情などを訴える方も少なくありません。 家事の時間が激減して主人に怠け呼ばわりされる方も多く、この状態が2~3年続く方もいます。

更年期障害に漢方処方が使用され始めた頃、”肝鬱”の治療薬、加味逍遥散が真っ先に使用されました。 肝鬱は、肝の気の不調から起こり、人間関係のトラブルで起こり易い神経症状にとても有効です。

 

肝うつ症状

イライラする・怒りっぽい・のぼせ・鬱うつする・不安・不眠・貧血傾向などの状態の症状と、更年期障害・自律神経失調の症状は重なる部分が多 く、その結果、肝うつの漢方薬、加味逍遥散が多く処方され始め、更年期障害によく効いたという事実から、”更年期障害には漢方薬を”という風潮が生まれま した。

今では男性にも更年期障害があり、国民病の様相を呈しています。男性の鬱は仕事上のトラブルや、人間関係が主な要因になっているケースが多く見られます。 会社や学校、親類等の人間関係から起こる考え方の食い違いやいじめは増加する一方です。   イライラする・怒りっぽくなる・嫌いな上司に合うのがイヤで会社に行くのがつらいといった状況に加味逍遥散を使用してみてください

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます