漢方薬で子宮筋腫が縮小

 

漢方薬が、30代後半の女性の7㎝大子宮筋腫の縮小例の報告です

この方は他にも小さい筋腫が2個ほどあると言っていて、漢方薬服用3.4カ月ほどで、子宮筋腫7㎝大が5.5㎝大に縮小しています

この1知年で大きくなった子宮筋腫7㎝大が2か所になり、婦人科で手術するということになり、桂林堂薬局へ来店

その方の漢方薬的症状は生理痛、生理不順に不正出、瘀血 (血液の滞り・血行不良)、血虚、舌白苔、側頭痛、下肢のむくみ、便秘があります

漢方薬で7㎝大になった子宮筋腫の対策として

瘀血 (血液の滞り・血行不良)や血行不良を改善しながら、血虚、温経散寒等の漢方薬的治療法でその方用の漢方薬を処方しました

3.4か月ぐらい過ぎたころ、7㎝大の子宮筋腫が5.5センチ大に縮小し、手術も中止になったとと、来店時伝えてくれました

その方は現在も子宮筋腫の漢方薬を現在も服用していています

桂林堂薬局

尋常性乾癬の改善例

keirinsoto4.jpg7 23

最近2.3年の間に尋常性乾癬の来店者が増えていて

ところで、難病の尋常性乾癬に対し、皮膚科ではステロイドの服用使用か、現在どのような外用薬を使用しているのか不明であるが。以前はボンアルファ軟膏を使用していたと思います。

さて、尋常性乾癬で漢方薬を現在服用されている10名ほど(男性、女性半々)のほとんどにある程度の漢方薬で効果が表れていますので報告したいと思います

尋常性乾癬はとにかく難病で、治り難い皮膚病と言われていていて、そこで漢方薬の処方の仕方も当然難しくなります。大米人に多い尋常性乾癬の原因は不明で、ストレス、肝硬病や糖尿病、扁桃腺などの感染症が複合的にからんでいるかと考えられています

尋常性乾癬と言っても炎症と皮膚が盛り上がり、最後は皮膚のはがれを繰り返しながら続きます

漢方薬での改善の仕方は、炎症と皮膚のはがれと免疫まで考えた所、漢方薬で尋常性乾癬の症状の減少が10名ほどの方に効果を発揮しています

桂林堂薬局

 

 

 

 

4年間ぐらいの不妊症、9カ月間漢方薬服用で妊娠したケース

始まりは、この女性元同僚が元気がなく不妊症で、桂林堂薬局で1年前に妊娠したことからその方の紹介で来店

瘀血 (血液の滞り・血行不良)に下半身の冷え、漢方的血虚、漢方では「血」は血液そのものになったり、体に栄養や保湿といった作用もあります

そこで、不妊対策として、補血しつつ、温経散寒(体の末梢まで温めながら冷えを改善)、また鬱滞しているだろう血液の流れを良くするといった漢方薬的治療法に取り組みました、他併用で乾姜、呉茱萸、マカを処方しました

2016年9月妊娠したとの報告があり、いまは安定期になる寸前の状態です。

桂林堂薬局

 

 

高齢者の腎臓病

82歳の慢性腎臓病の改善例です、腎数値が正常値内に

腎数値クレアチニン1.87が漢方薬服用8カ月で正常値内に

漢方薬を長く服用したわけではありませんが、腎数値クレアチニン1.87と尿酸値が漢方薬服用8カ月で正常値内(2016年11月報告)になっています。その方は高血圧以外、むくみや下肢の冷だけ報告されています。

桂林堂薬局

 

 

糖尿病性の腎臓病

2015年、7月から漢方薬を服用している中東アジア人男性の、糖尿病性の腎臓病・腎障害の改善例です

漢方薬を服用している本人さんの国では糖尿病が多いと聞いており、糖尿病が原因の腎障害です。腎臓病検査値など、詳しい症状や状態はわかりませんが、ステージ3ということだけは確認ています。

服用1年ほど過ぎたころ、漢方薬の効果を本人さんに問い合わせしたところ。腎臓病は安定してステージレベルが少し下がっているとのことです。

桂林堂薬局

永山