漢方薬へようこそ

瘀血 (血液の滞り・血行不良)は万病のもと

瘀血 (血液の滞り・血行不良)は万病のもと/漢方薬局桂林堂|東京都目黒区

女性に多い瘀血 (血液の滞り・血行不良)・血虚・陽虚(暖める力が低下)

瘀血の女性は妊娠しにくい」という言い伝えがあることをご存知ですか。下腹部や太腿の付け根あたりが硬く感じられる場合、その原因を中医学では血液の流れが悪くなっているからだと考えます。

血液の流れが悪いことに起因する、その他の症状としては、月経が遅れる、生理痛がつらい、月経血に血塊が多い、色がどす黒く粘りがある、月経中に頭痛や肩 こりが起こるなど月経にまつわる不調が多く見られます。

また、舌に青紫や赤紫、あるいはどす黒い斑点が現れたり、目の周り唇が黒ずむなどの症状も現れま す。このように血の流れが悪い状態を中医学では瘀血といい、この瘀血を改善するのに活血化瘀という方法を用います。

滞っている血流を良くする活血化瘀の方法は不妊の原因となる子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫や癒着などが起こるのを防ぎ、さらに骨盤 の血流を改善し、新鮮な血液が十分に卵巣や子宮に行きわたるようにします。

これだけでも卵胞の発育がよくなり、排卵や着床が促進され、すべてが妊娠に有利 な要因となります。

活血化癖の薬として代表的な生薬には紅花(べニバナの花)、香附子(ハマスゲの根茎)、川芎(セリ科センキュウの根茎)、赤弓(シャクヤクの根)、丹参(シソ科タンジンの根)などがあり、漢方処方では桂枝茯苓丸・当帰四逆呉茱萸生姜湯 温経湯などが代表的な漢方薬です。

 

瘀血が体内にたまると体のさまざまな機能に悪影響を及ぼします。特に子宮・卵巣は瘀血の影響を受けやすく、排卵障害や生理不順、人によっては子宮筋腫、卵 巣嚢腫、子宮内膜症などの原因にもなります。

瘀血は生理に密接に関係しています。
瘀血が生理不順を起こすこともありますが、逆に生理不順で古い血がうまく 流れないことが瘀血をためることにもつながります。正常な生理の人は、毎月、血がフレッシュになります。
生理は健康のバロメーターともいいます。
瘀血チャック 自分では瘀血に気づくことはむずかしいものですが、以下のような症状がないかチェックしてみましょう。  ●生理のときにドス黒い血の塊が 出てくる。 ●生理痛がひどい。 ●生理の前にイライラし、怒りやすくなる。 ●顔がどす黒い。 ●歯ぐきの周辺がどす黒い。 ●あざができやすい。 ●にきびができやすい。

HOMEへ

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます