漢方薬へようこそ

冷え性を漢方薬で考えて/漢方薬局桂林堂

keirin7art
冷え性を漢方薬で考えると
冷え性の原因

冷え性は男性よりも女性に多く見られる症状です。 女性のほうが冷え性になりやすい理由は、筋肉量が少ないので基礎代謝が小さく、体熱の産生が少ないことがあげられます。  また、不定愁訴のように自律神経の調節がうまくいかない場合、手や足の末梢の血管での血流量の調節も影響を受け、 冷え性になる原因です。

実際、女性の不定愁訴で見られる症状のうち、冷え性はかなりよく見られ、冷え性は冬だけでなく、夏の冷房の効き過ぎによる、いわゆる「冷房病」として見られるのが特徴です。  また、女性は生理があるために貧血になりやすいこと、低血圧の傾向があることなども冷え性の原因として考えられます。

甲状腺の異常も冷え性の原因となります。冷え性が原因で生じる身体の不調はこれだけではありません。 生理痛・肩こり・便秘・下痢・立ちくらみ・疲労感・痔・不眠などの原因も、元をたどれば冷え性ということもあります

冷え性は子宮内膜症や不妊症まで引き起こしかねません。  冷え性と漢方薬 漢方においては、冷え性は新陳代謝が低下している場合、血の巡りが悪い場合、胃腸の調子が悪いことなどが原因であると考えられます。  したがって漢方では、これらの原因を取り除くこと、また身体を温める作用のある漢方薬を処方します。

冷え性に使用されている漢方処方は数多く、それぞれの漢方の専門家も、処方に対しての好き嫌いがあり、冷え性に使用する漢方処方は10種類程度です。 当帰芍薬散・当帰四逆呉茱萸生姜湯・温経湯・桂枝加朮附湯八味地黄丸・十全大補湯・人参養栄湯など

冷え性で有名な当帰芍薬散は腎臓病やにきびなどにも利用

血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善します。また、痛みをやわらげたり、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。 
2000年前の医学書金匱要略に記載されている漢方処方です。婦人妊娠病、婦人雑病に収載されている薬方です。貧血ぎみの方の足腰の冷えや肩こり・むくみなどに効果があります。
 
 ●月経異常があることが多いです。 ●唇が乾燥し顔色も悪く疲れやすいです。 ●下腹部が膨満して、苦しくなったり、痛みがあったりします。 ●寒さに弱く寒くなると症状が悪化することが多いです。 ●足や腰などが冷える割に手は、ほてっています。  ●舌の状態をみてみると水っぽく苔のようなものはありません。
当帰芍薬散は、虚弱な女子に使用されることが多い処方ですが、身体を温め、血行を改善して、ホルモン系や自律神経系の働きを活発にするものです。 また、排尿を促して水分の代謝異常を改善する作用があると考えられます。
このため、浮腫み・ネフローゼ等の腎臓病に応用されています。 本方は、妊娠中の流産、妊娠腎などを予防して、お産を軽くして、産後の肥立ちをよくします。

効きやすい・リーズナブルな漢方薬を提供したいと考えます