「漢方医学の考え方」カテゴリーアーカイブ

精力減退や物忘れ・難聴・薄毛は腎虚/漢方薬局 桂林堂|東京都

 

 中医学の考え方では

「腎」とは生命力、活力の源のことをいい
 
足腰の弱り・物忘れ・冷え性・薄毛や乾燥肌などは腎虚であると考えることが出来ます
そのような場合には、補腎漢方処方・漢方薬を服用することをお勧めします
「腎」には、人の成長や発育を促進したり、性行為、妊娠、出産などや、若々しさを維持する生命エネルギーのもととなる物質である「精(せい)」が蓄えられていると漢方医学では考えられています
「腎」の「精」が十分にあれば、女性の月経・妊娠、出産、授乳は正常に機能すると考えられ
もしも腎精が不足すると、「腎虚・腎陽虚(暖める力が低下)・腎陰虚 (潤い不足、、、)」という状態になると漢方医学では考え
不妊症や閉経などの原因も腎虚によるらしい


「腎虚」は簡単に言えば「老化」のこと
最近は男女問わず、若くても腎虚の方が多くみられます
漢方医学は2000年前から腎虚に対する多くの漢方薬を、腎を補う働きの補腎薬として生み出してきました

 漢方医学では「腎虚」を次の症状を指します
中高年齢が体験する精力減退や耳鳴りやめまい
物忘れや難聴
女性も男性も大変気になる脱毛や薄毛
白髪進行
歯のぐらつきや歯周病も腎虚であると考えられます
・足腰の衰弱、足腰に力が入らない、頻尿
など

 肩こりや背筋痛・腰痛・関節痛

これらをみるとほとんどの人が腎虚ではないかと考えられます
人間は年齢を重ねるごとに少しずつ老化してゆくわけですから上のすべての人が腎虚といってもおかしくないかもしれません

また、女性の症状としては生理不順、、流産、早産、未熟児出産などが重なり、最近では子供たちにも永久歯が生えない若白髪など
腎虚を立て直すことは、体にとっても良いことですし、若々しい生活ができるよう腎虚の漢方薬が重要のようです

  HOMEへ    

胃下垂や出血傾向を招く、脾不統血とは|東京都の漢方薬局|桂林堂

脾不統血とは

中気下陥とともに、漢方医学的には脾臓の重要な症状・状態のひとつです。

脾の気虚(胃腸の働き低下など)

脾陽虚(胃腸が冷えている)・中気下陥(胃下垂など)の症候とともにみられる出血で、気の固摂作用が減弱したことによるもので、気不摂血ともいいます

現代医学的には、血管壁平滑筋の弛緩・血小板無力症・プロトロンビン減少その他、血液凝固因子の欠乏などによる出血であると考えます

不統血気虚の症状 ●鼻出血。●皮下出血。●血便。 ●血尿。●崩漏(不正性器出血)。●月経過多などの出血傾向

漢方薬局の日常から 皆さまの中に、陰陽五行論という、中国で2.300年前に完成された理論をご存じないでしょうか。 脾は、現在医学に当てはめると胃腸に当てはまります。

漢方医学が考える脾の主な働きを紹介します。

「脾は運化(うんか)を主る」いわゆる、大まかには、消化器官内で起こる消化・吸収のことです。 飲食物を消化・吸収させると言った現代医学の消化器系とよく似た働きを持ちます

脾の運化機能が低下すると
食欲がなくなったり
食後に腹部膨満感が現れやすくなります
→脾虚 (体力低下・食欲不振・疲れやすいなど) 飲食物を意味する水穀(すいこく)の水の運化が低下すると
便が柔らかくなり軟便や下痢になります
これも脾虚です

血小板減少性紫斑病・血友病・不正性器出血・痔出血・慢性鼻出血などで脾不統血が考えられます。

HOMEへ

 

健康十訓であなたの健康のサポート

健康十訓であなたの健康のサポート

Ⅰ少肉多栽、肉を少なく野菜を多く・Ⅱ 少塩多酢、塩分を少なく酢を多く・Ⅲ 少糖多果、砂糖を少なく果物を多く・Ⅳ 少食多噛、少なく食べて良く噛む Ⅴ 少衣多浴、なるべく薄着でよく風呂に入る・

Ⅵ 少言多行、おしゃべりを謹んで多くを実行する・Ⅶ 少欲多施、欲望を控え施しを多く Ⅷ 少憂多眠、くよくよせずよく眠る・Ⅸ 少車多歩、車に乗らずよく歩く・Ⅹ 少憤多笑あまり怒らずよく笑う

漢方薬局東京 中目黒代替医療研究会桂林堂康十訓であなたの健康のサポート

HOMEへ