東京都の漢方薬局へようこそ

皮膚病|尋常性乾癬の漢方薬/漢方薬局の桂林堂薬局|東京都|目黒区

尋常性乾癬の漢方薬/漢方薬局の桂林堂薬局|東京都|目黒区

最近2.3年の間に尋常性乾癬の来店者が多くなったいます
胸やお腹のあたり、背中、大腿部、腕の他、頭部に発症するケースも多いのです

過去、難病の皮膚病の尋常性乾癬に対し、皮膚科ではステロイドの服用使用か、現在どのような外用薬を使用しているのか不明であるが。以前はボンアルファ軟膏を使用していたと思います。

乾癬()は、皮膚が炎症を起こす慢性の角化性皮膚のことです。乾癬は、いくつかのタイプに分かれていますが、尋常性乾癬は乾癬のなかでも最も多い病気であり、乾癬患者の約90%を占めるようです。

尋常性乾癬は、特有の皮膚症状が全身にみられ、尋常性乾癬は20代~30代に発症することが多く、尋常性乾癬という皮膚病により生活の質が低下し、精神的負担が生じることがあります。
また、漢方薬局レベルですと重い尋常性乾癬は少ないのですが、尋常性乾癬を放置すると内臓疾患にも影響し、寿命が短くなることもわかっていて、重い尋常性乾癬は治療が必要な病気です。

尋常性乾癬治療は、外用、内服薬以外に光線治療もあり、紫外線は尋常性乾癬の状態を場合によっては軽減するようです

尋常性乾癬の原因は
乾癬発症には、遺伝要素、環境因子、免疫学的要因が関わっていると推定されています
そこで、漢方薬での尋常性乾癬改善方は免疫学的要因に注目し
免疫調整作用のある漢方薬を使用したり、その炎症によい漢方薬を使用したり、乾燥性にも保湿作用の漢方薬を使用したりとかなりの経験が必要となります

 

漢方薬ではさて、尋常性乾癬で漢方薬を現在服用されている10名ほど(男性、女性半々)のほとんどにある程度の漢方薬で効果が表れていますので報告したいと思います

尋常性乾癬はとにかく難病で、治り難い皮膚病と言われていていて、そこで漢方薬の処方の仕方も当然難しくなります。大米人に多い尋常性乾癬の原因は不明で、ストレス、肝硬病や糖尿病、扁桃腺などの感染症が複合的にからんでいるかと考えられています

尋常性乾癬と言っても炎症と皮膚が盛り上がり、最後は皮膚のはがれを繰り返しながら続きます

漢方薬での改善の仕方は、炎症と皮膚のはがれと免疫まで考えた所、漢方薬で尋常性乾癬の症状の減少が10名ほどの方に効果を発揮しています

出来る限り1万円以下で効果がある漢方薬を提供